FC2ブログ
冷え性の原因は意外なものでした!

今日、葉山で腰痛・冷え性スッキリ体験会を行いました。

腰痛と下半身の冷え性はかなり関係があるので
一緒に体験会を行いましたが、
参加者は冷え性の原因が一番知りたい内容でした。

なのでキネシオロジーで冷え性の原因を調べていきました。
(キネシオロジーとは http://www.endoharikyu.com/kinesiology.html


一般的に冷え性の要因は

・運動不足による血流の悪さ
・体を冷やす食べ物の取りすぎ
・自律神経のバランスが悪い

などが考えられますが、
今回参加者から得られた情報は・・・

住環境からの影響や精神的なことが、かなり大きく原因になっており、
ご自身も「え〜〜〜〜〜っ!」と驚かれていました。

原因が住環境だと運動しても、
体を温める食べ物を食べても
これじゃあ効果は出ないですよねウインク

何が答えとして出てくるかわかりませんので
本当にキネシオロジーは面白いですぴかぴか(新しい)

3月にも同じ内容でやりますので興味がある方はお問い合わせ下さい。
http://www.endoharikyu.com/seminar.html

今日ご参加の方から感想をいただきました。

☆気になっていたキネシオロジーを初体験することができて良かった。
いくらでも質問が出てきそうでした。
メンタル面の影響が大きいのかなぁと思ってたのに、
全然違うところが影響していて自分自身のことが分かっていないもんだなぁと実感。(ニラさん)

☆とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。
ツボは絵で見るより実際に押していただいた方がわかりやすく勉強になりました。
自分のことを知るツールとして活用していけたら、
より自分らしく生活ができると思いました。
細かいところまで教えて頂きありがとうございました。(H.Hさん)


ご参加ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー


クローバーキネシオロジーご興味がある方は4/19からの
タッチフォーヘルス公式クラス・レベル1を受講してみませんか?

【葉山タッチフォーヘルス公式クラス・レベル1】参加受付中!

セミナー1

キネシオロジーの基礎が学べます。
心身の健康UPや人生がより良く生きるために役立つ
簡単なテクニックが満載です。
ご家族やパートナーに、セラピストなどのお仕事にも役立てられます。

費用:新規60,000円(IKC登録料+マニュアル代の1万円含みます)
   
☆新規受講特典*ペア割引・・・お二人以上でお申し込みいただくとそれぞれ3000円割引致します♪
   再受講者30,000円
   (2週間前までにお振り込みいただくとオンサ・ミニセッションが受けられます)
   タッチフォーヘルス健康法5,040円は別途ご購入下さい。 当院でも購入できます。
日程:
4月19日(日)、26日(日)、29日(水・祝日)
時間:10:30〜18:00頃
   
(セミナー時間はクラスの進行具合により多少延長する場合がございます)
場所:神奈川県・葉山町
(最寄り駅は逗子駅、鎌倉のとなり駅です)
募集人数:10名
(最少催行人数2名、4/16まで募集します)
講師:IKC公認タッチフォーヘルス・インストラクター 遠藤雅樹

お問い合わせ・お申し込みはこちらへどうぞ

もし特定の曜日をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

?3/1(日)【葉山・ツボセミナー&黒猫タロウの経営シュミレーション・セミナー】
もオススメです!
1.ツボ講座
キネシオロジーのクラスでツボを習ったけど、場所に自信が持てなかったり
どうやって使ったらいいか復習したい方にオススメです。
今回はツボ取り実践中心でやります!
妊婦さんや小さい子供のツボをとりたい方どうぞ!

2.経営セミナー
起業を考えている方、個人経営の方は経営力を試してみませんか。
http://www.endoharikyu.com/seminar.html

?3/15(日)【腰痛・冷え性スッキリ体験会】もあります!
腰痛・冷え性にお困りの方、キネシって何?って方にオススメです。
ご都合が合えばぜひどうぞ。
http://www.endoharikyu.com/seminar.html

人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー

 

当治療院HP
http://www.endoharikyu.com/
当治療院おすすめキネシオロジスト&HP
http://www.endoharikyu.com/link.html




関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック