キャロルアン・エリックソンさんの、
「ユニークな発達を支えるためにブレインジムができること」
1日講座に行ってきました。

キャロルアン・エリックソン発達講座

幼児期、学童期、思春期における子供たちの発達や特性の解説と、
それらの時期にブレインジムでどんな働きかけができるのか、
実例を交えた内容でした。

講座に出て特に印象に残ったのは、
【時期相応の発達が重要なこと】
です。

何事も急いではいけないんですね。

例えば、
本を読んだりするために目を正中に寄せて、
うまく両眼視できるのは、
発達上7才くらいにできるようになるそうです。

ですから、
小さなうちから自分で本を読ませたりするのは、
ストレスをかけてしまうことになります。

幼児の時には、転がったり、スキップしたり、
もっと全身を使うのが大事と言ってました。

全身を使うと様々な刺激を得られ、
脳のいろいろなところに繋がりをつくることになりますから、
結果的に学習がスムーズになる基盤をつくれるんですよね。

すごく納得でした☆


また、子供たちの発達の度合いは本当に一人一人違いますので、
その子の時期に合わせた動きなり、ブレインジムが必要だと思います。

じつは、うちの末っ子も小さいうちから
まねっこ遊びでブレインジムをやっています。

例えばクロスクロールは、手足を交差させるように動かすのに、
2才頃では両手両足を同時にペシペシ合わせてやっていました。

これはこれで楽しそうにまねしていたので、
無理に大人のようなクロスに直さず、自然にまかせていました。

そしてちょっとやり方が大人に近づくたびに
「おお~!できるようになったね!」
と声をかけてあげると、得意げになって
嬉しそうな様子もかわいかったです。

そのうち自然に片側ずつ手足をつけるようになり、
年中さんになると、大人のようにクロスできるようになりました。

そして、クロスできるようになると、
言葉数が一気増えてビックリしたのを覚えています。

まさに子供自身が
成長に合わせてブレインジムのエクササイズをしたわけですね♪

こんな感じでお子さんの生活に
気楽に取り入れてあげるのもいいと思います。


人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー

ホリスティックな癒し~統合ヒーリングKinesiology・エネポートHP
http://eneport.com/

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック