先日、股関節の痛みで意外な原因がわかり、
とても良い結果が出ました(^^)v


そのクライアント様は、
いつも股関節がキチンと入っていない感覚があり、
違和感や痛みで長いことお悩み
でした。

原因を探っていくと、
なんと!
赤ちゃんの頃に発達してなければいけない、
足の原始反射が原因でした。

足の原始反射が赤ちゃんの時にキチンと発達していない方は、
・歩いていて足首がよくグキっとする
・靴下をすぐに脱ぎたがる
・歩くのが好きじゃない
・捻挫しやすい

などの特徴があります。

クライアント様に、この特徴を聞いてみると、
当てはまるのでビックリされていました。



さて、原始反射を発達統合するには「ブレインジム・セッション」が有効です。

1回目のブレインジム・セッションを行ってみると、
「歩きやすい!」
と満足されていきました。

そして、2回目のセッションにお越しになった時に、
「どうですか、調子は?」
と聞いたら、

セッションの2~3日後、
突然左足の親指が痛み出し、
化膿して膿が出て来たそうです!

爪を深爪したとか、
特に何かしたわけでもなく、
突然化膿したようです。

もちろんセッションでは、
足を直接触るマッサージなどは行ってません。

何か足にたまっていた物が出ていったのでしょうか。

2回目のブレインジム・セッションを終え、
足の化膿が治ってからは、
股関節はもの凄く調子がよくなったそうです。

今までだったら3ヶ月くらいに一度、大きな痛みが来て困っていたのが、
今は本当に楽だと言われていました(^^)


同じ様な股関節の違和感や痛みでお悩みの方で

靴が悪いのかな?

歩き方が悪いのかな?

腰が悪いのかな?

と悩んでいろいろやっても改善しにくいなら、
原始反射という原因があるかもしれません。

原始反射は「ブレインジム」のような特殊なプログラムを通して、
発達させ消失させることが出来るんです。


「ブレインジム原始反射統合セッション」でお力になります☆

ブレインジムセッションはこちら



人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー

ホリスティックな癒し~統合ヒーリングKinesiology・エネポートHPはこちらです
http://www.endoharikyu.com/

 


関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック