鍼灸師としてキネシオロジーを学び始めて
経絡を別な角度から学ぶことができ、
最近だんだん経絡の特性がわかってきました。

そして、わかってきたことを少しづつですが
セミナーで伝えております。

そして、明日はいよいよ横浜でセミナーです。

日時:9月29日(土) am9:30〜am11:30
場所:横浜県民サポートセンター 

キネシオロジーをやっている方はより深く学ぶことができ、
これからキネシオロジーを学ぶ方には予習としていいのではないでしょうか。

一般向けはまた今後やっていきますね。
ex)風邪予防ツボ講座&キネシオロジー体験会
  秋の行楽シーズンに向けて車酔い止めツボ講座&キネシオロジー体験会

それでは、明日の内容を少しご紹介

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

十二経脈と奇形八脈はどう違うのか。

一般には十二経脈のおまけのように奇経八脈が扱われている。

なんで奇経といわれているのか。

そして現在、鍼灸でもキネシオロジーでも
十二経脈と督脈任脈を合わせた十四経脈が主流だけど。

なんでこうなっちゃったのか。

十二経だけじゃ、なんでたりないの?

それは、

十二経だけだと経絡の説明が
苦しかったからです!

『十四経発揮(じゅうしけいはっき)』という原典から来ていますが、
これって中国四千年の歴史からみたら新しい考え方。
アラームポイント(募穴)だって新しい考え方だ。

古典に詳しい先生から教わった、目から鱗の経絡セミナー。

本屋さんにはない、そうか!の情報を伝えましょう!

続きは当日!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック