保険診療やめます!

前回の日記からの続きです。
週末、葉山でTFHメタファーを受講しました。

このセミナーは問題に対してバランスを崩している筋肉を
言葉かけで強くする方法です。

えっ〜〜?
って感じですが、
言葉って言霊とも呼ばれているように
本人にある言葉で気づきが起こると
身体のバランスが調ってくるんです。

そこで、メタファーを練習しているときに
棘上筋(きょくじょうきん)の筋力が弱く
棘上筋に対応したメタファー、

『手放すものはなんですか?』
『ちっぽけな考え方に捕らわれてませんか?』
という言葉にガツーン!!ときました。



『う〜ん、保健診療のことかなぁ〜。
自由に施術できないからストレスになっているのかなぁ。』

悩んで考えます。



『じゃあ、川崎の保健診療をやめて葉山だけ保健診療します!』

すかさず棘上筋の筋力テスト → 弱い!



『え〜?だって、いろんな治療メニューを用意した方が患者さんも喜ぶし、
(保健診療をやっていると)宣伝にもなるし、どうして?・・・・』



以前の日記にも書きましたが保険診療もやってますが、
保険は制約が多く、自分の実力を発揮できてません。
だから、鍼灸やインテグレイティッド・ヒーリングをじっくりと時間をかけ
フルに活かすためには自費診療が一番良いと思ってました。

そんな本当の自分の気持ち、
見て見ぬふりをしていた気持ちが
筋肉を通じて体にあらわれました。

体って正直ですね。



『経営的には保健診療をやめると痛い!
でも身体が本当にやりたいことを筋肉を通して
メッセージを送っているのだから、
保健診療やめます!

すかさず棘上筋の筋力テスト → 強い。カッチリ!

そうか〜、本当にやりたいことをやろう!

急に身体の奥底からエネルギーが湧き上がってきました。

その日の夜に、えんどう治療院HPから保健診療の項目を削除しました。
http://www.endoharikyu.com/menu.html



タッチフォーヘルス・キネシオロジーの本には
以下のように書いてあります。

〜タッチフォーヘルスのテクニックを使う理由は、
もっと気づくようになるプロセスを支え、
唯一自分だけが持っている人生の目的とともに
バランスよくやっていくのを支えることです。〜

まさに,そのことを実感したメタファークラスでした。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック