岩手県盛岡・せいわ病院様の院内研修として、
タッチフォーヘルス・レベル3】を開催しました!

昨年の3月にレベル1から始めて、
この7月でレベル3まで来ました。
皆さんの中に内容が積み上がっているのが感じられます。

以下、公開OKを頂いた感想です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レベル1から学んでみて、
レベル3はより実践に近づいた内容だと感じました。
心(魂レベル) -身体ー栄養のつながりを強く感じ、
素晴らしいテクニックだと感じました。
ぜひ使いこなせるようになりたいと思います。
☆E.Yさん・臨床検査技師 40代 女性

1年ぶりにTFHに触れましたが、
すぐに思い出すことができました。
日常の臨床の中で、ESR、脈診、回路維持モードを使えそうです。
ありがとうございました。
☆F.Cさん・精神科医 40代 男性

今まで学んできたことの意味がわかってきたような気がしました。
そしてメタファーをまず学びたいと、
より一層思うようになりましたので、ぜひ受けたいです!
デモンストレーションを多く見れたのがイメージしやすくてとてもよかったです。
覚えないといけない事はたくさんあるので大変だと思いますだが、
まず身近なところで試しながら、
自分の中に落とし込んで臨床の実践でも使えるようにしていければと思います。
TFHは、体と心をつなぐ方法論であり実践であり、
臨床心理学の本質を説明してくれる学問のように感じました。
心理士にぜひ学んでほしいと思いました。
☆R.Hさん・臨床心理士 30代 男性

何度もフルセッションを見れてよかった。
メタファーに震えた。
メタファーを受けたいと思った。
セッションに(例のようなものがあると意味付けがあると吸収しやすいのかな?と思いました。
☆細越友貴さん・OT  30代 男性

DSC09306.jpg

DSC09300.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

タッチフォーヘルスを受講して頂き、
ありがとうございました。

辛いストレスで苦しんでいる患者様に、
お役に立てて頂けることを願っております!

<タッチフォーヘルス詳細はこちら>
 http://eneport.com/tfh.html

岩手県盛岡・せいわ病院様の院内研修として、
昨年の3月から【タッチフォーヘルス公式クラス】をお伝えしています。

今回はレベル3で、
「過去のトラウマ解放」や、「色を使った感情解放]、
「ぶり返し防止の反応筋」、
「情報を一瞬で保持する回路維持モード」など、
かなり高度な内容でした。

臨床心理士のスタッフさんからは、
「タッチフォーヘルスは、
体と心をつなぐ方法論であり実践であり、
臨床心理学の本質を説明してくれる学問のように感じました。
心理士に是非学んでほしいと思いました。」

と嬉しい感想を頂きました(^^)

タッチフォーヘルス・レベル3補助資料


特に「過去のトラウマ解放」は、
病院の日常業務にとても役に立つと思いますし、
私も臨床でとても効果を上げています。

そこで、マニュアルを踏まえて、
より実践的に力を入れてお伝えさせていただきました。

例えば、「過去のトラウマ」ですが、
経験的に、自覚できているテーマよりも、

・普段忘れていて、
 でも心のどこかで引っかかっていること。

・向き合うのが辛いので、
 無意識に見ないようにしていること。


こういったことを筋肉反射テストで丁寧に見つけて、
感情解放していくと、
物凄く良い結果を出しています。

以前ブログにも書きましたが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5センチ大の卵巣のう腫が無くなった!と嬉しい報告
http://eneport.blog.fc2.com/blog-entry-582.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のようなビックリすることもありました。

また、日々の施術でも、
「気持ちがスッキリしました。」
「動悸やみぞおちの違和感が楽になりました。」
といった声を沢山頂いています。

レベル3はいいですよ~(^^)b


それと、
過去のトラウマのような大きなテーマを解放すると、
スッキリするのと同時に、エネルギーが大きく動きます。

ですから休憩を充分に取りながらクラスを進めるよう意識してますし、
エネポートでは3日間のクラスなので、
過去のトラウマワークは2日目に行うことが多く、
一晩、身体も心も休められるようにして、
翌日必要があればフォローもできるようにしています。

今回も「昨日はすごい疲れました~」
との声がありましたが、
もちろんその後のワークでリフレッシュ。

講座の終わりには、
参加者の皆さんの背筋がシャンとして、
姿勢が良くなっているのがとても印象的でした(^^)

冒頭の感想の他にも、公開OKの感想を頂きましたので、
追って紹介させて頂きますね。

せいわ病院の皆様、ご参加ありがとうございました!

DSC09308.jpg

<院内研修レベル1の様子>
http://eneport.blog.fc2.com/blog-entry-666.html

<院内研修レベル2の様子>
http://eneport.blog.fc2.com/blog-entry-676.html

<タッチフォーヘルス詳細はこちら>
 http://eneport.com/tfh.html
岩手県盛岡・せいわ病院様の院内研修として、
【タッチフォーヘルス体験会】を行いました。
たくさんのスタッフさんにご参加頂き、
驚きの声があちこちで上がる楽しい講座になりました(^^)

病院・タッチフォーヘルス

タッチフォーヘルスはカイロプラクティックをベースにし、
東洋医学・栄養学・心理学などが取り入れられた、
ホリスティックな健康法です。

リハビリなどで使われる筋肉反射テストを使って、
ツボやリンパなどバランスを整えてくれるポイントを見つけ、
ストレスや体調不良時の簡単な手当てができます。

病院・TFH

肩コリや腰痛で張ってしまっている部分が、
一瞬で柔らかく変化していくのを体感したり、
ストレスが和らぐポイントで気持ちがぐんと楽になるのを体感して、
「わ!」とか「うぉ!」
という驚きの声が上がっていました(^^)

DSC09288.jpg

DSC09290_1.jpg

院内スタッフの方々の日々のセルフケアや、
辛い症状やストレスで苦しんでいる患者様に活用して頂きたいです☆

<タッチフォーヘルス詳細はこちら>
 http://eneport.com/tfh.html
岩手県・せいわ病院様の院内研修として、
【タッチフォーヘルス公式クラス】をお伝えしてきました!
3月のレベル1から引き続き、今回レベル2です^^

精神科がメインの病院ですが、高齢者施設も運営されてます。
岩手県トラウマケア/病院研修

また、入院しているお子さん達の院内学級もあり年齢層が広く、ニーズが多種多様。
発達の話やリハビリの話など、
困っている患者様・利用者様に役立つ手法や情報など、
精一杯お伝えさせていただきました。

整体・ストレスケア/病院研修

DSC08749 - コピー

以下、公開OKの感想です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
奥が深すぎです!
が、学べば学ぶほど色々な知識が統合されていきます。
問題はこれを明日からどう生かすべきか?ですネ。
今回の学び気づきに心から感謝です。
◆F.Cさん・精神科医40代男性 

陰陽五行のセッションが最も印象に残りました。よかったです。
統合クロスクロールと原始反射について、もっと知りたいと思いました。
脳脊髄液のテクニックも使えるので良かったです 。
◆J.Tさん・女性

陰陽五行がとても興味深かったです。
体を自然の法則に合わせることが大切というのはなるほどなと思いました 。
知らず不自然な状態になっていることでバランスを崩し良くなっている時は、
自然な状態を取り戻しているということが経験的にイメージできます。
もっと勉強したいと思いました。
特にメタファーレベルまで勉強できれば普段の言語セラピーの精度が 上がる予感がしています。
機会があれば是非この先も受けて行きたいです 。
◆R.Hさん・臨床心理士30代男性
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご参加ありがとうございました!
患者様やスタッフのセルフケアに役立ててくださる嬉しいです!


人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー

タッチフォーヘルスについてはこちら
http://eneport.com/tfh.html


先日、岩手県盛岡の未来の風せいわ病院様で、
タッチフォーヘルス・レベル1】を開催しました。

未来の風せいわ病院


智田理事長は「心のケアには身体がとても重要!」という認識を持っており、
病院研修として、タッチフォーヘルスを選んで下さったこと、
そして私にお声がけ下さったこと、とても光栄です!


さて、
今回のクラスでは、ストレスを多く抱える患者様のお役に立てて頂きたいので、
私が個人セッションで実際に対処している方法も交えながら、
いつもの150%くらいの情報盛り沢山でお伝えしてきました。

例えば、
ストレスが強いときはクロスクロールは寝てした方良いとか、
(単に寝るだけではなく、腕のポジションも重要です。) 
筋肉反射テストが過緊張になるので、その見分け方や解除法法など。

今思い起こしても、
よくあれだけ話したなぁ~と思いますが、
参加された先生達がとても優秀だったので、
どんどん引き出されたのだと思います。

なにせ、こちらがまだ教えていないやり方も、
直感的にどんどんされていたのです!

すごいですよね(^^)

タッチフォーヘルス創始者のジョンシー博士が、
「必要なのは愛ある手だけです。」
と言われていたように、

そして、おなかが痛かった時やつらい時に、
お母さんがさすってくれる手のぬくもりが心地良よく安心させてくれたように、

私は癒しの基本は愛を持って触ってあげること(タッチ)だと思ってます。


講座に参加された先生達の愛ある手が、
ストレスを多く抱えている患者様の中の心のロウソクに火を灯し、
前向きな力や希望に繋がっていくことを願っています(^^)
病院研修タッチフォーヘルス(TFH)レベル1


人気blogランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
バーナー

タッチフォーヘルスについてはこちら
http://eneport.com/tfh.html